このベーシックコース受講規約(以下「本規約」といいます。)は、一般社団法人ときめき四柱推命協会(以下「当協会」といいます。)が主催するときめき四柱推命講座ベーシックコース(以下「本講座」といいます。)に関する権利義務を定めるものです。本講座の受講を希望される方は、本規約の内容をよく読んで十分に理解し、本規約に同意の上お申込みください。本規約に同意しない場合、本講座にお申込みいただくことはできません。本講座にお申込みいただいた時点で、本規約に同意したものとみなされます。

 

第1条(受講契約の成立)

1.本講座の受講契約(以下「受講契約」といいます。)は、以下の条件を満たした場合に、本講座を主催する当協会及び講師(以下「主催者」といいます。)と本講座に申込をしたお客様(以下「申込者」といいます。)との間で成立します(受講契約が成立し、その当事者となった申込者を、以下「受講者」といいます。)。

(1)申込者が、主催者が定める申込手続きに従って、本講座の申込をしたこと

(2)申込者が、納付期限までに本講座の受講料(以下「受講料」といいます。)を支払ったこと

(3)主催者が、本講座の定員、受講資格、その他の必要事項を確認の上、申込を承諾したこと

(4)申込者が満20歳以上であること

(5)申込者が後見開始、保佐開始もしくは補助開始の審判を受けていないこと

(6)申込者に現在精神的な疾患がないこと

(7)申込者が暴力団員、暴力団準構成員、これらと密接な関係を有する者、その他の反社会的勢力でないこと

(8)主催者が本講座の受講者として適格性に欠けると判断していないこと

2.後に前項に定める条件を満たさないことが判明した場合、主催者は、前項の申込の承諾を取り消すことができます。

3.申込者は、本講座の申込を主催者から承諾されない場合又は承諾を取消された場合、支払い済みの受講料の返金を受けることができます。ただし、申込期限を過ぎた申込、受講資格のない申込者の申込、その他、相当の理由がある場合、主催者は返金に要する費用を控除することができます。

 

第2条(受講料及び支払方法)

1.受講料は、本講座お申込みフォーム記載の通りです。

2.受講料は、以下のいずれかの方法により支払うことができます。

(1)銀行振込

本講座に申込後、主催者がメール等でご案内する銀行口座に全額一括でお振込み下さい。振込手数料は申込者の負担とします。

(2)クレジットカード決済

本講座に申込後、主催者がメール等でご案内するPaypalのリンクよりお支払い下さい。この場合、受講料と決済手数料4パーセントを合わせた金額をお支払いいただきます。

 

第3条(受講契約の解約とキャンセル料)

前条における受講料の支払いを終えた後、受講者の都合で受講契約を解約する場合、受講料の全額をキャンセル料とし、受講料の返金は行いません。

 

第4条(受講料の返金)

本規約に別段の定めのある場合を除き、お支払い頂いた受講料は返金できません。

 

第5条(講座の欠席と振替)

(1)受講者がやむを得ない事情により本講座第2回、第3回、第4回を欠席する場合、別の日程で開催される同じ回の本講座へ振り替えることができます。

(2)本講座第1回を欠席する場合、第2回以降から受講することはできません。全4回を別の本講座へ振り替える旨を主催者へご連絡ください。

(3)本講座を欠席し、振替受講を行わない場合、本講座で使用した資料のみの提供は行いません。

 

第6条(講座開催の中止)

天変地異・自然災害・悪天候・その他の不可抗力により本講座を中止又は遅延せざるを得ない場合、主催者は、かかる不可抗力の影響が解消された後に、日程を延期して当該本講座を開催することができます。かかる延期により受講者に何らかの損害(延期された日程に出席できない場合又は終了時間の遅延により本講座を早退せざるを得ない場合を含みます。)が発生した場合であっても、主催者は一切の責任を負わないものとします。

 

第7条(受講終了・資格の認定)

1.本講座の全カリキュラムを履修の上、所定の要件を満たした受講者のみ受講修了となります。

2.受講を修了した受講者は、ときめき四柱推命アドバイザーとして認定されます。

 

第8条(権利帰属)

受講者に提供されるテキスト、その他、本講座に関するあらゆる資料・情報(以下「協会コンテンツ」といいます。)に関する著作権、その他一切の権利は当協会に帰属します。受講者は、当協会の事前の書面による承諾なく、本講座を受講する目的以外の目的で協会コンテンツを使用してはならず、かつ、協会コンテンツを複製、改変、翻訳、譲渡、貸与、頒布、公衆送信等してはなりません。

 

第9条(秘密保持)

受講者は、本講座の内容、その他本講座の受講を通じて知った当協会の技術上又は営業上の情報並びに他者の個人情報及びプライバシー情報を厳に秘密として保持し、これらの情報を使用し、又は第三者に開示又は漏洩してはなりません。

 

第10条(禁止事項)

1.受講者は、次に掲げる事項を行ってはなりません。

(1)本講座の録音、録画、撮影(別途主催者が許可する場合を除きます。)

(2)主催者または他の受講者に対する、マルチレベルマーケティング、ネットワークマーケティング、連鎖販売取引への勧誘、宗教活動への勧誘、その他の勧誘又は営業行為

(3)他の受講者に対する嫌がらせ、その他の迷惑行為

(4)主催者に対する虚偽の申告、主催者の指示に反する行為、その他、本講座の運営を妨げる行為

(5)当協会の著作権、商標権、その他の知的財産権を侵害する行為

(6)当協会、講師、他の受講者、その他の関係者の名誉又は信用を毀損し、又は誹謗中傷する行為、その他、当協会の活動を不当に妨害する行為

(7)本規約、法令又は公序良俗に反する行為

(8)その他、主催者が不適切と認める行為

2.受講者が前項の禁止事項に違反した場合、当協会は、受講者の受講資格を取り消すことができます。なお、受講資格が取消された場合であっても、受講料の返金はできません。また、当協会は、前項の禁止事項に違反した受講者が将来、本講座に申込を行った場合、かかる申込を承諾しないことができます。

 

第11条(譲渡禁止)

受講者は、当協会が別途書面により承諾する場合を除き、受講契約に基づくいかなる権利(本講座を受講する権利を含みますが、これに限られません。)も、第三者に譲渡し、又は相続させることはできません。

 

第12条(損害賠償)

受講者は、本規約に違反したことにより、当協会、講師、他の受講者、その他の関係者に何らかの損害を及ぼした場合、当該損害を賠償する責任を負うものとします。

 

第13条(非保証・免責)

1.当協会及び講師は、本講座について、その完全性、有用性、正確性、最新性、真実性について、明示的にも黙示的も一切保証しません。

2.受講者が、主催者の責めに帰すべき事由により何らかの損害を被った場合であっても、当協会及び講師は、故意又は重過失による場合を除き、現実に発生した直接かつ通常の範囲内の損害について、現実に受領した受講料の額を上限として賠償する責任を負うにとどまり、間接損害、特別損害、偶発損害、遺失利益について賠償する責任を負いません。

 

第14条(本規約の改定)

当協会は、必要に応じていつでも本規約を改定することができます。改定後の規約は、当協会が当協会のウェブサイトその他適宜の場所に公開した時点で効力を生じるものとします。

 

第15条(管轄合意)

本講座又は本規約に関する一切の紛争については、主催者の主たる事務所若しくは営業所又は住所を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

以上

 

最終改定:2019年8月4日

ベーシックコース受講規約